私はずっと『いい女』になりたかった。



私は、ずっと『いい女』になりたかった。

私の目から見て、活躍している友人を『いいな〜!いい女だな〜羨ましいな〜』と羨望の眼差しで見ていたこともあるし、それが高じてしまって、意味のわからない嫉妬までしたこともある。


本当に迷惑な奴だなと思う。


『いい女』になりたいと、思えば思うほどに。

『いい女である自分は』遠ざかってゆく。


なぜなら、

なりたい!とことで、もうすでに自分とは別のものだと認識しているからである。

すでに、いい女の部分も『ある。』と感じれるようになった時、随分と救われたものです。


ここで、私の視点から、

この精神状態だった自分のヤバイ!部分を分析すると。



まず、『いい女』は誰が評価するのか?

ということです。。


私の場合、これは『他者から見た評価=いい女』だったことがまずヤバイ!笑


つまり、自分で自分を『いい女』だと評価するのではなく、

他者に、『あなたっていい女だよね〜』と評価されるまではゴールはない!

つまり、私にとっての『いい女』は社会(家族、友人、仕事仲間)からの承認欲求だったということ。


承認欲求は、尽きることがない。



私の経験から、

人の心の動きの流れとしては、

社会に認められたいという承認欲求から、人はスタートし。

何度も、成功を収めて承認されてきた人は、ある一定のところまでいくと、

『他者に認められても、意味のないことだ』という境地に至って、



自己探求のゾーン(領域)に入る。


でも、これはほんの1部の稀有な人たち。


大抵は、承認欲求を求め続けるものではないかと思う。


私のような凡人は、どうしたもんかと?思う。


まずは自分にできることで人に喜んでいただくことで、

自分も、誰かの役に立つのだなと実感し、小さな喜び(成功体験)を積んでいくことしかないのではないかと思う。

そうすることで、『いい女』の部分もすでにあるな〜と自分で自分を許していくことができる。



結論💫

あなたのその願望は、

『自分からの評価を求めている?』

『他者からの評価を求めている?』

の見極めをしてみよう。



自分の持っている能力を活かして、身近な誰かの役に立とう。

小さな喜びを積み上げていくこと。

その成功体験の積み重ねが、あなたという軸になり、その結果がStyleになる。



自整力コーチング&アーユルヴェーダ|Kuyatangi

Hallo!Life work ハローライフワーク 自分らしい生き方をデザインするサロン『クウヤタンギ』です。日々のからだと心を整えるスキルを「アーユルヴェーダ」その後、思考や行動の整理を「コーチング」 自分らしく、気持ちよく、暮らし、働きたいと望む 全ての女性を支えるサロンです。